北埔老街
A+ A-
北埔老街は新竹県の北埔郷にあり、範囲は北埔街、廟前街、南興街、城門街を含みます。清朝時代、客家人はこの平らな丘陵地まで開拓を進めて居住していました。そのため、ここには当時移民した歴史の跡も残っています。県定古蹟である慈天宮から小道に沿って低い壁が続き、古い建物やお茶屋などが見られます。特に慈天宮周辺、直径100mの範囲内には、国定古蹟の金広福、天水堂、県定古蹟の慈天宮、姜阿新宅、姜氏家廟、忠恕堂など、古蹟も幾つかあります。歩き疲れたら、途中の客家料理レストランで食事したり、お茶屋で膨風茶や擂茶を飲んだりして、北埔客家人の開拓や抗日の話を聞いてみるのも良いでしょう。
  • 北埔老街01
  • 北埔老街02
  • 北埔老街03
さらに詳しい情報
北埔老街01
北埔老街

電話:新竹県北埔郷役所+886-3-580-2204

アドレス:新竹県北埔郷北埔街

ウェブサイト:リンク

発言:Courtesy-Tourism Bureau, R.O.C. (交通部觀光局);Photographer-Hong-huang, A-wen(洪黃阿呅);Photographer-Hsu, Shih-jung(徐世榮); Photographer-Hsu, Shih-jung(徐世榮)

< Previous
BACK
Next >