三義木彫博物館
A+ A-
三義の木彫は、日本統治時代から発展し始めました。1960〜1970年代は木彫の全盛期で、何人もの巨匠を育てました。当時ここには木彫メーカーが1、200軒ぐらいありました。朱銘は世界的に知られる彫刻の巨匠ですが、その師匠もここ苗栗で腕を磨いたと言われています。三義は今も変わらず台湾の木彫アートの中心となっています。台湾の有名な木彫芸術家たちがここに集まって、様々な展示会を開催したり、木彫博物館を開設したりすることで、三義は台湾一の木彫村と知られるようになりました。木彫製品は大型家具から、神像、芸術品、生活小物、食器、おもちゃまで色々あります。
  • 三義木雕村01
  • 三義木雕村02
  • 三義木雕村04
  • 三義木雕村08
さらに詳しい情報
三義木雕村01
三義木彫博物館

電話: +886-37-876-009

アドレス:苗栗県三義郷広盛村広声新城88号

ウェブサイト:リンク

発言:Courtesy-Tourism Bureau, R.O.C. (交通部觀光局); Photographer-Richcomm(銳志傳播); Photographer-Richcomm(銳志傳播); Photographer-Xiao, Gang-hou(蕭綱侯); Photographer-Evergreen International Corp. (長榮國際股份有限公司)

BACK
Next >