南方澳ビジターセンター
A+ A-
南方澳は蘇澳港の南側にあり、東側は太平洋に面し、三方は山に囲まれています。隠蔽的な地形に加え、漁場に近いので、天然漁の捕獲に恵まれています。また、台湾の三大漁場の一つに数えられており、東部における遠洋漁業の重要な基地となっています。ここには漁港と水産市場が各3箇所あり、機能によってそれぞれの特色を有しています。中でも三番目の港の隣にある漁港路には、様々な海鮮、お土産の店などが軒を並べ、集客力一のエリアです。 港の正面にある南天宮は、地元の人々にとって宗教の中心であり、天上盛母を供奉する媽祖廟です。住民たちの殆どが漁業で生計を立てているので、媽祖からのご加護に感謝するため、1950年に南天宮の建設が始まり、台湾初となる「金媽祖」廟が誕生したのです。この他芸術珍品といわれる「玉媽祖」像もあります。建築の主体は南式宮殿様式に基づいて造られ、金色で眩しく、立派な設計となっています。地元住民ばかりでなく、各地からもたくさんの参拝客が訪れ、賑わっています。
  • 南方澳
さらに詳しい情報
南方澳
南方澳ビジターセンター

電話:03-995-3885

アドレス:宜蘭県蘇澳鎮江夏路85号

ウェブサイト:リンク

発言:Courtesy-Tourism Bureau, R.O.C(交通部觀光局)

< Previous
BACK